EC-CUBEカスタマイズ参考集

EC-CUBEのカスタマイズ

こんにちは、田中弘です。

弊社ではよく、EC-CUBEのカスタマイズ案件を請負う事が多くあります。

ほとんどが下請けですが・・・

EC-CUBEは非常に自由度が高いため後から、カスタマイズすることも可能なんです。
●最終更新日を基準にポイントの有効期限をつける
●通常価格のほかに会員になった方用の価格を設ける
●標準では写真+テキスト表示ですが、写真のみ表示ボタンを設置
●EC-CUBEのバージョンアップ
等々

EC-CUBEではお客様の要望に、より応えられるショッピングサイト制作が実現できます。

貴社のショッピングサイトで、こんな事が実現できればな~と言う思いがありましたら、気軽にご相談下さい。

また会いましょう!

株式会社システムキューブもよろしく!

2012年11月7日 9:21 AM

EC-CUBEの会員データ移行について

EC-CUBEのバージョンアップの際、
2.4系⇒2.11系へのバージョンアップはサポートされているが
それ以前のバージョンからは最新バージョンへのデータ移行はサポートされていない。

今回は、1.3系の会員データを2.12系に移すことをやってみたのでメモ。

参考サイト
http://xoops.ec-cube.net/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=11161&forum=4

会員データの移行で問題になるのがパスワードの移行。
パスワードは暗号化されているため、そのまま移行しても使えないことが多い。

かといって複合化なんてできないし・・・

ってことで、今回紹介してみます。

【手順1】

まず、重要なのが設定ファイルの「AUTH_MAGIC」の値。
これを1.3系のものと、2.12系のものと同じ値にする。
※AUTH_MAGICを操作すると既存の会員データのパスワードがすべてダメになるので注意!

●1.3系の設定ファイルの設置場所
data/conf/core.php

●2.12系の設定ファイルの設置場所
data/config/config.php

●AUTH_MAGICを変更するときの注意点
必ず管理画面にログインをしてから行うこと
AUTH_MAGICの設定変更したらすぐに管理画面で管理者のパスワードを再設定
※これをしないと次回から管理画面にログインできなくなります!

【手順2】

1.3系の会員データをエクスポート。
CSV出力では無理なので、直接データベースに接続してエクスポートする必要有り。
1.3系の会員データテーブルのうち、cell01、cell02、cell03の値は2.12系には無いので不要。

【手順3】

1.3系の会員データを2.12系にインポート。
こちらもやはりデータベースに直接インポートする必要有り。

●インポートの際の注意点
passwordはそのままでOK!
secret_keyもそのままでOK!
saltはNULLで。

reminder_answerも2.12系は暗号化して保存されているが
特に気にせずそのままインポート。

dtb_customerへのインポートが完了したら
dtb_customer_customer_id_seqもデータ数を更新する必要有り。

あとは、1.3系の会員データのIDとパスワードで
2.12系のログインに成功すれば移行完了です!

EC-CUBEのバージョンによっては
パスワードの引継ぎ方は異なるかもしれませんので
ここに記載したことが必ず成功する保証はありませんのでご了承ください。

2012年10月22日 7:03 PM

2 / 212